40代からの肌の老化の理由

どうして40代の肌は老化していくの?

40代の肌は体内の水分量低下と水分保持力が低下するために、どうしても老化は避けられない現象です。
若い時と違い肌のターンオーバーも乱れがちです。

 

ターンオーバーが不規則になると肌の細胞が新しくなりにくいので、シミが増えたりシワが増えたりと悪条件が重なっていき、顔の肌がくすんできます。

 

肌に大切なコラーゲンは年齢とともに作られにくくなり古いコラーゲンが体内に残ってしまい、古いコラーゲンは弾力もなく水分保持力もなくなります。

 

コラーゲンの量は20歳前後が1番多く、それが少しずつ減少していき40代では1/3の量になってしまいます。
これでは老化していくのも無理ないですね。

 

シワのないプルプル肌は真皮の中のコラーゲンが最も多い赤ちゃんの時です。
コラーゲン等の美容成分はゴムのような弾力を持った繊維状のものです。
肌の老化は、この繊維細胞の働きが低下し、コラーゲンの生成量が極端に落ちることです。

 

そのため、主なシワの原因になっています。
いかにコラーゲンが大切な物であるかがわかります。
化粧品に含まれているコラーゲンは単なる保湿成分であり、本来のコラーゲンとは違います。
ですので外側からいくらお手入れしても補いきれないのが現状です。

 

40代の肌の老化はコラーゲンにありますが、古いコラーゲンが残っていても全く水分保持力もなく弾力もないので逆に肌状態を悪化させてしまうのです。
積極的に肌のターンオーバーを良くする事で多少なりでも肌の老化は防げます。

 

ある程度、食事でもコラーゲンは摂取出来ますので試してみるのも良いかと思います。
コラーゲンとコンドロイチンを含む食事では、牛すじ肉・とんこつ・鶏の手羽先・鶏の手羽元・カレイ・ヒラメ等が挙げられます。

 

肉や魚の軟骨・皮等に多く含まれています。少しでも老化を防ぐためにも是非摂取してみたい食事ですね。
外側のお手入れでは補えない分は食事で防ぎましょう。

 

40代でガクンと落ちる肌の弾力・・・シミ・シワ・くすみ。早めの本格的なお手入れなどで老化を防ぎたいものです。

どうして40代の肌は老化していくの?関連ページ

気をつけたい40代に多い肌のトラブル
気をつけたい40代に多い肌のトラブル