40代のファンデーションは清潔感を目指そう

40代のファンデーションは清潔感を目指して

シミやシワ、たるみ、目の下のクマ、割れて見えるほうれい線。
これらは老けて見えるサインです。

 

40代からどんどん人との差がついていきますが、老けて見えるということは「清潔感を失ってきた」ということ。

 

逆に考えてみると若い頃はツルンとしたお肌で張りがあり、目尻も上がってキュっと全体的に引き締まった顔。
それこそが若さであり、清潔感が溢れているということ。

 

年齢を重ねるごとに当然のように肌が緩んだりしぼんだり、下がってしまったりどんどんシンプルな顔からかけ離れていきます。

 

清潔感というのは女性が男性に求めることも多いのですが、女性自身も老けるということは清潔感を失っていっているというおとなのです。

 

メイクで年齢に逆らおうとしても限度があります。
老いを隠すのではなく、失った清潔感を取り戻そうとすることで結果的に若々しく見えるのです。

 

老いを隠すメイクは清潔感どころか逆に老けて見えてしまいます。
このさじ加減が上手な人が若々しく見えて、清潔感もあります。

 

誰でも顔と顔を合わせれば「何歳くらいなんだろう」と考えシミやシワなどで相手の年齢を確認しようとします。

 

上手にファンデーションを使えば透明感と清潔感を相手に印象付けることができます。
ファンデーションはただの老け顔隠しアイテムではないのです。

 

40代にとってファンデーションは相手に好印象を与えるマストアイテム。
上手に選んで相手にとって良い印象を与えられるようなファンデーションを使っていきましょう。