40代のためのチークの使い方

40代のためのチークの使い方

体や肌に疲れが出やすくなってきてメイクに手を抜くと、
表情が怒って見えたりくすんで見えたりし易いのが40代ですよね。
そんな時にお勧めアイテムが「チーク」です。
使い方によって優しい暖かいお顔に仕上げる事ができてしまいます。

 

上品かつ可愛らしくありたいので、乙女メイクは避けた方が良いです。

 

チークの選び方お勧めポイント

・ラメが入りすぎているものは控えましょう。
(肌質が暗くてお悩みの方は効果的に使用して下さい。)

 

・顔全体の目立たせるポイントはひとつに絞って下さい。
(口紅や目の周りに明るい色を選んだ場合、チークのお色見は控えめにして下さい。)

 

・必ず自分の肌で試します。
(一度購入してしまうとずっと使い続けなければなりません。)
(肌質・紫外線の当たり具合・体温によってよって見た目も変わりますし、塗布後の時間によっても千差万別です。)

 

・自分だけで決めません。
(お店の人やご自分の見え方は、あまり参考になりません。必ず出来るだけ沢山の人に見て貰いましょう。)

 

・一度で衝動買いしないでください。
(案外持ちが良い物ですし、おさがりなんて誰も貰ってはくれないでしょう)

 

・グラデーションも効果的に行いましょう。
(ひとつのケースに一種類色が入っている物より、数種類入っている物の方が対応し易いです)

 

具体的なお色身として、ソフトレッド・コーラルピンク・マットなオレンジ色・ゴールドのラメの少し入ったもの等が使いやすいです。
指で手軽に塗れるジェルチーク・発色が良いクリームチークとありますが、
刷毛でふんわり頬骨の上に控えめにマルを書くやり方が
一番美しいです。

 

頬骨の出たところを隠し、鼻を高く見せるために使う物としてのチークでしたが、
今のアラフォーは若若しくさせるために使う人が多く白熱しています。