40代の肌の潤いがなくなる理由

40代の肌の状態は潤いか?なくなるのはなぜ?

30代まではスキンケアをしっかりしておけば問題はないのですが、40代になるとお肌は水分を保っていられなくなるのです。
お肌内部から乾燥してきますので、表面的なスキンケアでは乾燥を防げません。

 

普通はお肌の角質層には大体15%の水分が含まれています。
ですが、40代のお肌は何もしないと15%を切った状態に陥ります。
根本的なお手入れをしないと、肌は砂漠状態に・・・これが40代の肌に潤いがなくなる原因です。

 

更に40代ではお肌に水分を保持する能力が約半分に減少します。
放っておくと乾燥しガサガサ肌になり、いくらお化粧をしてもノリが悪くなります。

 

また、顔だけではなく体内の水分量も減少します。簡単に言うと「老化現象」の始まりです。
乾燥肌は、水分量が減少すると共に新陳代謝の活動も衰えるさせるので規則正しい「お肌のターンオーバー」が出来なくなります。

 

その悪循環のため、バリア機能が低下して肌の乾燥を進めてしまうことになるのです。
その結果、くすみ・しわ・シミ・たるみが出てきます。

 

40代のお肌は正しいスキンケアをすれば「老化」のスピードを緩めることが出来ます。
先程も述べたように、根本的なスキンケアをしなければなりません。

 

同じ40代でも誰もが乾燥肌になるとは限りません。脂性肌の方もいます。
ですが、体内の水分保持力は衰えていますので40代のスキンケアを行うことが非常に大切です。
そして肌の1番の老化現象の原因は「紫外線」です。

 

紫外線の一部は肌の奥まで浸透し、肌本来が持っているコラーゲンを破壊させてしまうのです。
そのため、UVケアなどをする事によって肌の老化を予防することができるのです。

 

水分量が低下し更に紫外線を浴びることによって肌は大打撃を受けてしまいます。
潤いも失われ、シミ・しわ・たるみなどの悪化に拍車をかけるのです。また、40代になると体内の女性ホルモンも減少し肌の老化に繋がってしまいます。

 

食生活やストレスなどでも肌の乾燥はしますが、もっとも潤いがなくなるのは水分保持力の低下です。

40代の肌の状態は潤いがなくなるのはなぜ?関連ページ

揃えておきたい!40代が使うべき化粧品とは?
40代なら必ず覚えておきたいスキンケアの方法
40代は隠す!肌のたるみからシワ対策
40代は隠す!肌のたるみからシワ対策
30代のやり方じゃダメ!40代なら知っておきたいスキンケア方法
30代のやり方じゃダメ!40代なら知っておきたいスキンケア方法